水瓶座の『子と親について』

 

 

◆子と親について

【水瓶座の子供の育て方】

論理的でもあり、直感的でもある。理系。わざと独自性を持とうとするところがある。干渉されないことが心地よい。みんな平等だと思っているため、上下関係なく真理をつき、結果それが革新的な行動となってしまうことがある。自分の意志を持って動けることを認めてあげる。

【子から見た水瓶座の親】

あっさりしていて楽だが、子どもは寂しいこともあるかもしれない。男性的でさっぱりしているので、子どもが大きくなると、自由にやらせてもらえていいかもしれない。理屈で攻められると、感覚の子には歯がたたない。

(杉村綾子)

 

このページのtopへ

teama has written 63 articles