太陽系意識とつながるインド占星術講座ブログ

ブログ移行のお知らせ

ブログ移行しました。今後はこちらのページで更新していきます。
旧ブログはこちらです。

 

無料インド占星術メールマガジン

はじめまして、こんにちは。星慧学ラボ主宰のミチユウです。当ページをご覧頂き、誠にありがとうございます。当ページでは、メルマガやブログなどでインド占星術を学びたい方のために様々な情報をお伝えしています。

 

お陰様で読者数1600人突破! インド占星術を学びたい、学んでいる多くの方々に読んで頂いています。

 

今なら、メールマガジンにご登録頂けると5つの特典をプレゼント!

特典1 あなたのホロスコープを無料で作成します
特典2 あなたの運命を知るインド占星術入門講座レポート(無料)
特典3 インド占星術基礎講座で使うテキストの抜粋(全58ページ)を無料でプレゼント
特典4 インド占星術によるアーユルヴェーダのドーシャ体質診断法レポート
特典5 インド占星術とは何かインタビュー動画

 

 

こちらの動画をご覧になり、インド占星術を学んでみたい、興味があるという方はメルマガにご登録頂けると本動画の続きと5つの特典をプレゼントいたします。

 

メールマガジンへの登録

メール・マガジンを解除する場合は、メール・マガジン本文最後に記載されている配信解除URLからお願いいたします。

※フリーメールアドレスをご利用のお客様
Gメール等、フリーメールアドレスをご記入いただいた場合、当ページからのメールが削除ないしは、迷惑メールフォルダに自動で振り分けられている可能性がございます。迷惑メールフォルダ等のご確認を宜しくお願い致します。


※携帯電話をご利用のお客様
迷惑メール対策(ドメイン指定受信、指定受信機能など)の設定で michiyuu.infoドメインからの自動確認メールが着信できるよう、事前に設定して下さい。またその他受信拒否設定(シークレットコード、PINコード、メールフィルター等)、受信文字数設定は変更・解除してご登録ください。

みなさん、こんにちは。

 

今年はめでたくGW中に改元されましたね。気分は明けましておめでとうございます!ですね。
さて、インド占星術をしていると気になるのが令和の改元図です。今回はその令和の改元図についてみていきたいと思います。

 

しかし、疑い深いやぎ座の私としては、改元図がそもそも使えるのか、そこから検証していくことにしました。改元図として、明治、大正、昭和、平成、令和と出してみました。ただ、改元の瞬間の時間はいつかは平成以前は難しく、いろいろな情報をもとにこの時間ではないかということで出しています。間違っている可能性もあるので当ブログの説として面白半分で読んでみてください。

 

そして、それに加えて、日本の明治のホロスコープ、戦後のサンフランシスコ講和条約に基づいたホロスコープも出してみました。そしたら見事に共通項がたくさん出てきました。この洗い出された共通項から、日本とはどんな国なのかを伺い知ることができます。

 

共通項と思われるものをそれぞれのホロスコープで見てみましょう。

 

明治改元図

 

・1室は金星支配の星座である天秤座です。
・5室に木星が在住し、1室と1室支配星、9室に木星の影響があります。
・KL(カラカムシャ・ラグナ)は魚座です。
・4室は火星と土星によって傷ついています。
・5室にケートゥが在住し、1室支配星の金星とコンジャンクションし、1室と9室にアスペクトしています。

 

大正改元図

 

・1室は金星支配の牡牛座です。
・1室と1支配星と9室支配星は木星のアスペクトを受けています。
・KLは射手座です。
・ケートゥは5室に在住し9室と9室支配星にアスペクトしています。

 

昭和改元図

 

・1室は金星支配の天秤座です。
・1室支配星は射手座に在住しています。
・1室支配星はケートゥとコンジャンクションしています。

 

平成改元図

 

・木星は9室に在住し、1室支配星と1室にアスペクトしています。
・9室支配星の金星は射手座に在住し、木星と星座交換しています。
・KLは魚座です。
・1室支配星の水星はケートゥと1度以内の150度を形成しています。9室支配星の金星と5室支配星の土星にアスペクトしています。

 

令和改元図

 

・1室支配星の土星は射手座に在住しています。
・1室支配星の土星はケートゥと緊密にコンジャンクションしています。
・KLは魚座です。
・金星は高揚しています。
・9室支配星と5室と5室支配星は木星のアスペクトを受けています。
・9室支配星の水星は高揚する5室支配星の金星とコンジャンクションし、9室にアスペクトバックし、高揚の金星のアスペクトを受けています。

 

明治憲法発布時の建国図

 

・1室は魚座です。
・金星は1室で高揚し、マラヴィヤ・ヨーガを形成しています。
・1室支配星の木星は射手座に在住しています。木星は10室でハンサ・ヨーガを形成しています。
・1室支配星の木星はケートゥとコンジャンクションしています。
・5室支配星の月は木星のアスペクトを受けています。
・9室支配星の火星は木星支配の星座に在住し、高揚する金星とコンジャンクションしています。

 

サンフランシスコ講和条約による日本の再独立建国図

 

・射手座がアセンダントです。
・カラカムシャ・ラグナは魚座です。
・1室支配星は木星で、5室に木星が在住し、5室支配星に木星がアスペクトし、9室支配星は高揚し、木星とコンジャンクションし、9室に木星がアスペクトしています。
・ケートゥは9室に在住し、9室支配星と1室支配星と1室にアスペクトしています。

 

まとめ

 

以上を見てくると極めて似通った特徴が繰り返されているのがわかります。
それをまとめて列挙すると次のようになります。

 

・1室、5室、9室に最大吉星の木星の影響が多重的にかかる。
・1室かカラカムシャ・ラグナが木星支配の射手座か、魚座か、木星のアスペクトを受けている。
・大吉星の金星が高揚するか、1室支配星になっている。
・ケートゥが1室か1室支配星に影響を与えている。

 

すなわち、大吉星である木星と金星の影響を多重的に受ける極めて幸運で恵まれた国だということです。日本人は日本のことをあまり良くは思っていませんが、世界的に見た時、日本の評価は極めて高いです。

 

アドビシステムによるクリエイティビティに関する意識調査「State of Create: 2016」によると、世界で最もクリエイティブな国と都市は何と日本と東京だそうです。

 

この日本のホロスコープ見ていると創造性の5室がとても良く当然の結果のようです。新時代の令和のホロスコープではそれがとても顕著に現れています。5室支配星の金星は高揚し、9室支配星とコンジャンクションし、5室と5室支配星は木星のアスペクトを受けています。

 

これ以上ないくらいに創造性が高いホロスコープになっており、令和の時代も日本の文化は世界から注目され、創造性が発揮されていくことが予想されます。日本は日本人が思っている以上に創造性豊かな国なんですね。

医療占星術をしていると病気の人のホロスコープばかり見ます。しかし、身体の強い人のホロスコープの読み方を知らなければ、病気になりずらい人から、病気の診断をしてしまうことになりかねません。今回は、どんな天体配置が身体を丈夫にするのか検証事例を、セラピストのためのインド占星術講座の中からご紹介したいと思います。

 

身体が丈夫な人と言えばスポーツ選手です。普通は潜在的な身体が強くないとスポーツ選手になることができません。事例として、プロ野球のスーパースター長嶋茂雄選手と取り上げてみます。

 

 

身体が丈夫な人の特徴を列挙してみましょう。

 

身体が強い人はAs、1室、1室支配星が強いです。

 

それには以下のような条件になります。

 

1. Asがヴァルゴッタマになっている。
2. Asが吉星からの1度以内の緊密なアスペクトやコンジャンクションを受けている。
3. 1室に吉星が在住している。もしくは吉星がアスペクトしている。
4. 1室支配星が定座や高揚、ムーラトリコーナにある。
5. 1室支配星がヴァルゴッタマになっている。
6. 出生図の1室の支配星がナヴァムシャで吉星とコンジャンクションかアスペクトを受けている。
7. 出生図の1室の支配星がナヴァムシャで定座や高揚、ムーラトリコーナにある。

 

長嶋選手を見てみるとどうでしょう。
1. Asがヴァルゴッタマになっている(出生時間が本当に正確だという仮定です)
2. 1室支配星の土星が定座で在住して強い。
3. 1室支配星の土星がヴァルゴッタマになっている。
4. ナヴァムシャで出生図の1室支配星の土星は木星とコンジャンクションしている。

 

どうでしょうか? 身体が丈夫な人はインド占星術的に見ても、はっきりとその特徴を示していますね。

 

 

 

続きを読む≫ 2019/04/13 12:05:13 医療占星術

鑑定に来る方の多くは仕事、職業について悩んできます。

 

私自身も、インド占星術を教えることを仕事にして
早7年ですが、ホロスコープを見ながら
私の適職、天職、使命について考え続けています。

 

今回は、私自身のホロスコープを考察してきたことから
見ていきたいと思います。

 

インド占星術ではオーソドックスな見方をすると
職業は10室と太陽で見ます。

 

 

しかし、現在もカースト制度が残っているインドと異なり
職業選択の自由が多様な日本では
そう単純にはいかないと考えています。

 

1.適職はどこでみるか

 

適職は主に1室の星座で見ます。
人は1室の星座の能力を持っています。
それは努力をせずに生まれながらに
もっている資質、才能です。

 

私はやぎ座が1室になるため、
手を使ってものづくりをすること、
知識などを体系的にまとめること、
効率の追求や技術者的な思考に適正があります。

 

父方のお爺さんは電気技術者、
母方のお爺さんは船の模型職人でしたから
家系的にそのような適性を持って生まれてきたのがわかります。

 

実際、子供の頃なりたかった職業は
科学技術者、発明家でしたし、
工業系の学校卒業後、実際に技術者になりました。

 

しかし、私は現在はインド占星術を教えることを生業にしており、
典型的なやぎ座の仕事をしていません。

 

ただ、やぎ座的な能力、知識を体系的にまとめること
技術者的な思考能力を活かし、
インド占星術を研究し、まとめて教えています。

 

ちなみに1室には火星とラーフがアスペクトしており、
2つともテクニカルな惑星であるため、
技術者的な傾向を更に強めています。

 

 

2.天職を見るには

 

10室には木星がアスペクトしています。
月ラグナから10室にも木星がアスペクトしています。
カラカムシャ・ラグナから10室にも木星がアスペクトしています。
仕事の分割図 D10ダシャムシャでも10室には
木星がアスペクトしています。

 

4つのラグナから繰り返し、
木星がアスペクトすることで、
私には教育者として役割があるようです。

 

教育者としての惑星は水星もありますが
水星と木星ではその意味合いが少し変わります。

 

水星は知識、情報の惑星です。
木星は智慧、精神性、宗教の惑星です。

 

そのため、教育の内容は木星が象徴する
智慧や精神性に関わることになります。

 

私はインド占星術をただの占いの知識として
教えているわけではありません。

 

人生の目的、生きる意味について洞察し、
精神的な気づきと成長のために教えています。

 

そして、インド占星術では扱わないですが
私の10室には天王星が在住しています。

 

天王星は最先端技術者、占星術、東洋医学、発明家など
既存の価値観を越えていく変革、革新、革命の惑星です。

 

私は土星の伝統的な価値観を大切にする視点からすれば
かなり異端な存在でしょう。

 

インド占星術と西洋占星術を統合し、
より宇宙の真理に近づくために、
革新的なことを考えているからです。

 

土星支配のやぎ座がアセンダントであり、
10室に土星もアスペクトするため、
先人の叡智である伝統も大切であるとも考えているため
革新的なことをするにも慎重な部分もあります。

 

10室に天王星があるため、
天職の中で革新的なことをしていくことになります。

 

インド占星術に土星外惑星(天王星、海王星、冥王星)を
取り込んで読もうとするのは
この天王星の影響です。

 

インド占星術に土星外惑星を含めていこうとすることに
懐疑的な人は、保守的で伝統を大切にする
土星の影響が色濃く出ています。

 

伝統を守り、伝えていくことは大切なことなので
それはそれで良いことだと私は考えています。

 

そのような人たちがいるお蔭で
先人の叡智を学ぶことができることに感謝しています。

 

 

3.使命を見るには

 

10室は天職、使命のハウスです。
その人の本質的な役割は10室の支配星が在住する星座や
コンジャンクションやアスペクトを見ます。

 

私の10室の支配星は牡牛座に在住しています。
牡牛座は地の星座であり、自然を身近に感じる星座です。

 

私は10代の頃、地球環境問題に興味を持ち、
環境NGOで活動したり、
自然と調和する知恵であるパーマカルチャーを学んだりしました。

 

私の使命として地球環境問題を解決することに貢献し、
人類と自然、地球が調和した世界を創っていきたい
という思いがあります。

 

それを今のインド占星術を教えるという仕事と
リンクしていくか模索しています。

 

私は、工業高等専門学校という技術系の学校を卒業し、
エンジニアになりました。

 

その後、ドロップ・アウトし、山小屋、キャンプ場、
農家などで働いたりしました。

 

そして、現在はインド占星術を教えるという講師と
天職を生きる支援をするコーチングをしています。

 

私の人生そのものが、職業の読み解くことが
そんなに単純ではないということをよく示しています。

 

ここではとても複雑で説明しきれないですが
私は職業について読むことを独自に研究してきました。

 

本当に天職や使命を読み解こうとしたら
実際には太陽、水星、1室支配星、金星、
ダシャーの星座、ナヴァムシャ、ダシャムシャの
すべてを考慮する必要があると考えるに至りました。

 

そんなことをインド占星術応用講座や実践講座でしています。
この春4月18日(木)から
仕事と天職について深く学んでいく
インド占星術応用講座のオンラインZoomクラスを始めます。

 

インド占星術の基礎的な知識がある方は
どなたでもご参加頂けます。

 

 

続きを読む≫ 2019/03/20 09:27:20 職業と仕事

今回は、私の人生に最も大きな影響を与え、最も興味のあるお釈迦様、ゴータマ・ブッダのチャート検証したいと思います。お釈迦様というと出生年すら定かではないのにチャートなんてあるのと思いますが、インドの偉大な占星術家であるB.V.ラーマンが推測で出しています。しかも、ナヴァムシャのラグナまで時刻修正しています。

 

私も最初は本当かなと、疑わしいと思っていたのですが、新たなスキルが増えるたびに検証しましたが、ことごとくそれがチャート上にしっかりと現れており、嘘かホントかわかりませんが、これは本当にお釈迦様のチャートではないかなと思わされてしまいます。

 

これは本当かどうかわからないので、こんな説もあるよというお楽しみ程度で読んで見てください。

 

それでは、まず、スピリチュアルな精神的な特徴が出ているか検証してみましょう。スピリチュアルなチャートの特徴は月が傷ついていることです。典型的な条件は月が火星か土星支配の星座に在住し、火星と土星のアスペクトを受けているのが出家者の配置です。この配置があると厭離の傾向があるといいます。

 

これは要はどういう配置かというと、心がとても傷つき、現世的な幸せを感じられない不幸せな配置です。お釈迦様のチャートでは月が非常に傷ついています。今まで私が見たスピリチュアルなチャートで最も傷ついているといっても過言ではありません。

 

ゴータマ・ブッダのチャート

 

月はてんびん座の26度33分にあります。ここに牡羊座の火星が1度以内の超緊密アスペクト、土星が2度以内の緊密アスペクト、ラーフが1度以内の5番目の超緊密アスペクト。更に最も大きな苦悩を与える冥王星が150度アスペクト。傷つきと言った時にただ単純にハウス単位でアスペクトで傷ついていることは大したことないですが、度数まで考慮してみて、緊密であると極めて深刻な傷つきになります。

 

お釈迦様のチャートの月は火星、土星だけでなく、ラーフ、冥王星にも緊密なアスペクトで傷つけられています。これは、お釈迦様がいかに心が病んでいたかをはっきりと物語っています。このような配置があることで、この世の中は「一切皆苦」と思ったのに納得です。月が吉星の影響で幸福な状態であったならば、現世で生きることが幸せで、そんなことは考えなかったでしょう。

 

出家者の配置というのは現世的な不幸せな配置でもあるのですね。しかし、それこそが、真理を知りたい、苦しみの原因を知りたいという強烈な原動力になります。一見不幸せに思える配置も出家して真理に到達するためには重要な配置なのです。

 

お釈迦様にみる解脱の配置とは

今回は前回の続きで、お釈迦様のホロスコープ検証をします。

 

▼お釈迦様のホロスコープ
http://jyotish.michiyuu.info/blog/img/buddha_chart1.jpg

 

今回はナヴァムシャを検証してみましょう。

 

アセンダントは水の星座であり、スピリチュアルで無私の愛の魚座にあります。そして、1室の支配星の木星は慈悲深い、蟹座で高揚しています。

 

そして、この高揚の木星は5室に在住し、1室にと9室にアスペクト。ダルマ・トラインの1室,5室,9室に木星が強い影響を及ぼしているため、精神性の高さが伺えます。しかも、5室の支配星の月もまた高揚し、定座で大吉星の金星とコンジャンクションしています。

 

9室には解脱のカラカであるケートゥが高揚し、解脱のハウスである12室支配星の土星とコンジャンクションし、サマーディ(三昧)を意味する8室の支配星である金星のアスペクトがあり、しかも、高揚する木星のアスペクトを受けています。

 

ケートゥはトリコーナである5室と9室、木星の影響があるとスピリチュアルな面が発揮されるといいます。

 

この場合、完全にその条件が満たされています。

 

そして、その影響をモクシャ・ハウスである12室支配星の土星と8室支配星に影響を与えあうことで、霊的に高い次元に上昇することができることを示しています。

 

しかも、高揚する月、定座の金星、高揚する木星と強い吉星の影響を受けることで最大限にケートゥのポテンシャルが高められています。

 

そして、それがお釈迦様が悟ったとされる年齢35歳のときのダシャーに示されているかも検証してみましょう。

 

お釈迦様が悟ったとされる35歳は水星/月期であると推測されます。

 

出生図で、マハーダシャーの水星は解脱の12室の支配星で願望を実現する11室に在住しています。そして、死と再生の冥王星と3度以内でコンジャンクションすることで、極めて大変な時期であることも示しています。しかし、お釈迦様は自ら望んで悟りへの道に進んでいるため、その道に対する強い決意と鉄の意志を与えています。

 

月はラーフ、土星、火星から2度以内の超緊密なアスペクトを受けており、しかも冥王星とも150度の最悪のアスペクトを受けているため、極限の苦悩にあることが示されています。しかし、同時に月は自己実現の1室支配星であり、トリコーナの9室支配星の木星と5室支配星の火星のアスペクトを受け、ダルマトラインが関わり合う、最高の状態でもあります。

 

そして、極めつけは潜在意識のナヴァムシャです。マハーダシャーの水星は高揚の木星と5室でコンジャンクションしています。5室は修行の成果が出るハウスです。

 

5室支配星の月は高揚し、定座の8室(サマーディ)支配星の金星とコンジャンクション死、解脱の12室支配の土星と高揚する解脱の表示体ケートゥのアスペクトを受け、最高の状態にあります。

 

この時期に悟ったとしたら、完全に納得です。

 

あまりにも出来すぎているとしかいいようがない最高の条件の驚異的な天体配置で、面白いですね。

 

さて、お釈迦様のホロスコープをこれからも続けて、徹底検証していきたいと思います。また次回をお楽しみに。

 

 

続きを読む≫ 2019/03/10 11:40:10 有名人検証

さて、インド占星術を学んでいるあなたは次のホロスコープの職業の違いを区別できるでしょうか? 今回は応用講座テキストから、天職の見方をご紹介します。

 

 

 

アセンダントは同じふたご座、10室に入っている惑星も同じ、月の星座も同じ。違いはラーフ・ケートゥ軸と木星の星座が違うだけです。インド占星術では10室と10室支配星でその人の職業を見ると言います。インド占星術をある程度学んでも、私はこの違いは区別できませんでした。

 

この二人は上のホロスコープは映画評論家、雑誌編集者の淀川長治氏、下は理論物理学者のアルバート・アインシュタインのものです。これほど似た天体配置にも関わらず、なぜこうも違う職業なのでしょうか。それは自由意志があるからでしょうか。それともまだ見えていないものがあるのでしょうか。

 

そこで、この謎を解明するため、私は多数のホロスコープを検証し、独自の結果に至りました。それは10室と10室の支配星は意味合いが違うということです。

 

10室に入っている惑星は、その人の社会的な振舞い、社会的な立場を示しています。例えば、この両者は共に10室に土星が在住しています。これは職業における完璧主義を示しています。土星は通常は政治家、権力者、重工業などを表しますが、実際のところ10室に土星が入っているからといってそういった職業につくとは、ほとんど言えません。しかし、これを仕事上、土星的な振舞いをすると見ると見事に読み取ることができます。

 

この二人は仕事において完璧主義であるため、時間はかかりますが素晴らしい成果を上げることによって、その職業において権威的な立場になることを示しています。

 

さて、それでは、10室の支配星は何を意味するのでしょうか。10室の支配星の状態が職業の本質を表しています。10室の支配星が入っている星座とハウス、アスペクトする惑星を見ることでどんな分野や業界の職業であるかを見ることができます。

 

淀川長治氏のホロスコープ

 

 

淀川長治氏の場合は10室支配星がエンターテイメントの獅子座に在住し、自己表現や芸能、メディア関係を示す3室に在住しています。見事に彼の選んだ職業的傾向を示しています。

 

アルバート・アインシュタインのホロスコープ

 

 

それに対して、アルバート・アインシュタインはどうでしょうか。彼の10室支配星の木星は科学者や技術者、物理学などと関係する水瓶座に在住し、高度な学問を意味する9室に在住しています。そして、改革や科学者を意味する天王星と西洋占星術の180度アスペクトを形成しています。これもまた見事に彼の職業分野や業界をよく表しています。

 

また、ここで天王星を見ましたが、職業を見る上で土星外天体である天王星、海王星、冥王星も重大な影響を与えていることは、明らかに実感します。

 

最後に天職を見るために10室についてまとめます。

 

1.10室はその人の職業における立場や振舞いを表す。
2.10室支配星の在住星座やハウス、影響する惑星は職業分野や業界を表す

 

天職や職業について見ることは、かなり高度なことになってきます。そして、人の一生を左右することでもあるので、正しく読めることが大変大切になってきます。インド占星術応用講座では、この他にも職業を決める上でのダシャー分析、分割図の活用の仕方など、独自の研究でわかったことをお伝えしています。

 

 

続きを読む≫ 2019/02/07 18:36:07 職業と仕事

ケートゥには解脱、神秘的な知識や深遠な思考をもたらすとてもスピリチュアルな惑星です。一方で天体配置によってはアスペルガーや自閉症、学習障害、摂食障害を引き起こす惑星でもあります。

 

それでは、どんな配置のときにケートゥは良い働きをし、スピリチュアルな特徴を示すのでしょうか。

 

ケートゥがスピリチュアルな方面で良い働きをするには以下の条件があります。

 

(1)ケートゥにとって最高の場所は12室です。2番目は8室、最後は4室です。

 

(2)このケートゥは5室か9室の支配星とコンジャンクションするかアスペクトを受けていなければなりません。

 

(3)このケートゥは木星のアスペクトを受けている。

 

 

実際の事例を見てみましょう。

 

これは精神性を見るためのヴィムシャムシャD20分割図です。

 

D20ではケートゥはラーフの180度反対側の星座にいるとして考えます。この場合は魚座にいるので反対の乙女座にあると考えます。もし、Asが正しいならば、ケートゥはとても良い状態にあることになります。

 

1. ケートゥは12室に在住する
2. 水星支配の乙女座に在住する
3. 木星の7番目のアスペクトを受ける
4. 9室支配の水星のアスペクトを受ける

 

これは私自身のホロスコープですが、もしこのAsで正しいとしたら、インド占星術、ヴィパッサナー瞑想、ヴェーダンタ哲学などに強烈に惹かれる気持ちになるのが納得です。

 

時々こんなこと勉強して何になるんだろうなと思うこともありますが、これは私が魂レベルでが求めて来たことなんだと、ホロスコープ見て受け入れることにしています。

 

これが出生図に現れていれば、スピリチュアルな方面でより才能を発揮できる人になります。

 

さて、あなたのケートゥはどんな状態になっているでしょうか。

 

 

今年の最後の講座として運命改善法講座をしました。

 

今まで、私の講座は基本的にホロスコープのリーディングが中心で、改善法についてはリーディングの中で少しお話する程度でした。

 

今回は、運命を改善する方法のみにフォーカスして4時間の講座をしました。今回、講座のために改めてアストロカートグラフィーの研究を深めました。

 

これは簡単に言うと世界の中でどこの土地が私たちの運気を上げるのか、それとも困難を与えるのかを見る現代西洋占星術の技法です。

 

私自身、20代の時にバックパッカーとして世界を旅しました。そのそれぞれの土地がアストロカートグラフィーに示された通りで、驚異的とも思える実感の深さでした。

 

今回は私自身にまつわるエピソードを紹介します。

 

アストロカートグラフィーを見ると、私はインド占星術を仕事にしているだけあって、インドにたくさんのラインが通っています。

 

 

月、金星、ラーフ/ケートゥ、海王星の4本のラインが通っています。

 

私はインドで初めて、お釈迦様の瞑想法であるヴィパッサナー瞑想のコースを受けました。受けた場所は、ダライ・ラマの住んでいるダラムサラでした。

 

人生で初めての10日間の瞑想コースで、私の人生を大きく変えるとても重要な体験であり、出会いでした。

 

そこにはなんとスピリチュアルな経験や瞑想を意味する海王星のラインの真下にありました。

 

また、前世からの続きを意味するというラーフ/ケートゥのラインがインドの中心部を南北に通っています。

 

そこのラインを追っていくと、私の人生に大きな変化をもたらした以下の場所がすべて、このライン上を通っていました。

 

・サイババ・アシュラム
・アルナーチャラ(ラマナ・マハルシのアシュラムのある場所)、
・リシケシ(ヨガの聖地)
・ガンジーアシュラム
・シヴァナンダアシュラム
・オーロビル(オーロビンド・ゴーシュの思想に基づいたエコヴィレッジ)
・ガンジス川の源流ヒマラヤ四大聖地(ガンゴートリー、ケダルナートなど)

 

 

インドに入った時、このライン上にあるリシケシ北部のアシュラムで瞑想中に眉間の所で一瞬、光が爆発し、時間も空間も無限に広がるような体験をしました。これはわずか1,2秒の経験でしたが、私の人生を変える印象的な体験でした。それ以来、その光の世界が何なのか知りたく瞑想やスピリチュアルな学びを続けています。

 

それ以来、そういった経験は残念ながらないのですが、この体験は私にこういった世界もあるんだよと教えてくれる宇宙がチラ見させてくれた体験なんだなと後になって思いました。そして、後は自分の努力でここまで来てね。ということなんだと理解していました。

 

今回、アストロカートグラフィーからラーフ/ケートゥのラインが通っているのは前世の続きがここから始まりますよという合図だったんだと思います。如何に自分はインドに縁が深いのか、アストロカートグラフィーを見て、よくわかり興味深かったです。

 

アストロカートグラフィーは講座の中でも皆さん、興味津々でした。そして、それぞれが強い実感を感じているのがよくわかりました。

 

アストロカートグラフィーは時刻修正の一つのテクニックとして活かせそうなくらい、私たちの縁のある土地や文化を表しています。

 

これからも、アストロカートグラフィーより研究を深め、鑑定にも役立てていきたいと思います。

 

 

偉業を成し遂げる人達に共通する天体配置がある。それは水星に対する土星のアスペクトだ。思考を表す水星が遅れを表す土星のアスペクトを受けるということは、頭の回転が遅くなり、思考力が低下しそうであまり良さそうではない。

 

この逆に水星に対する火星の絡みは、水星にスピーディな火星が影響を与えることで頭の回転が速く、いかにも頭が切れるという感じになり、一般的に頭が良いイメージになる。

 

それでは、水星に対する土星の絡みは頭が悪いのか。頭の回転は遅く一見すると要領が良いとは言い難い。アルバート・アインシュタインは減衰する水星と土星がコンジャンクションしていて、お釣りの計算もままなならかったという。

 

しかし、水星と土星の絡みは、非常に地道な努力、学習が続けられる人になる。日本の偉大な生物学者で南方熊楠という人がいる。彼の勉強法は本を書き写すというものだった。105冊もある百科事典をすべて書き写したというから、驚異的な努力家だ。

 

 

書き写すというのは一見するとあまり要領のいい、効率的な勉強法だと思えない。しかし、水星に対する土星の絡みのある人達は、このような努力の仕方をする。偉大な科学者や研究者にこの配置のある人が多い。

 

それは偉大な成果を出すためには、わからない、簡単に理解したとは思えない土星の疑り深さ、長期にわたる地道な努力と研究が必要だからだ。

 

南方熊楠のホロスコープを見ると、牡羊座の水星に高揚する土星がアスペクトすることによって、非常に地道な努力をすることが示されている。

 

水星の土星による傷つきは、偉大な成果を上げる人たちに必須の配置なのだ。

 

 

続きを読む≫ 2018/12/05 14:41:05 惑星

占星術をしているとこの世界の法則の不公平感に文句を言いたくなる(笑)

 

インド占星術では、吉星が4つで、凶星が5つ。西洋占星術で扱う土星外惑星を含めると凶星は8つになる。凶星が吉星の2倍ある。人生大変なこと、困難なことは起こることが当たり前の法則になっている。困難を与える惑星の方が多いのだから。なんて理不尽なシステムと思ってしまう。

 

しかし、様々な考え方を学び、瞑想し、気付き、今思うことがある。実は凶星は私達を成長させる惑星なのだということだ。私達は苦難、困難、障害を克服していくことで成長することができる。そして、より幸福で、充実した人生を生きることができる。

 

凶星は困難の惑星であると同時に、志しや使命のある人間にとって努力、信念、充実の惑星になる。凶星は思いを貫き通す惑星でもあるのだ。

 

太陽は純粋さと正義と社会のために生きる力を与える。土星は結果が出るまで持続的に頑張る忍耐力、自己反省能力、現実に対する認識力を与える。火星は情熱とやる気、一点集中の突破力を与える。ラーフは混沌とした中を、突き抜けていくパワーを与える。ケートゥは欲を手放し、無私無欲に成長するを与える。

 

天王星は博愛精神、既存の体制や価値観を変革し、新しいものを生み出す力を与える。海王星は想像力、理想を思い描く力、無私の愛による奉仕の力を与える。冥王星は既存のものを破壊し、根底からの大改革し、新たなものを生み出す力を与える。

 

もし、凶星を悪い方向に使うならば、太陽は傲慢さ、自己中。火星は怒り、暴力、ワガママ。土星は不安、依存、無気力。ラーフは恐怖、狂気、貪り。ケートゥは恐怖。

 

天王星は不調和と反逆精神。海王星は快楽主義、依存。冥王星は恐怖と破滅的な暴力。

 

凶星は様々な悪い影響を私達の人生に与え、苦しめる。

 

他人に依存することを止め、自分の力で、成長し、魂を進化させて生きていこうとする人間に強力な前向きなパワーを与えるのが凶星達なのだと思う。そういった観点から見ると凶星は実は凶星ではないのかもしれない。

 

この世界は凶星のパワーを使い、成長し、進化していくか、凶星に振り回され惨めな苦しい人生を生きていくか、どちらかになってしまうのだと思う。

 

凶星のパワーを使うためには、何のために生きているのか、私達の人生の目的、今生の目的、自分のためではなく、人を幸せにするため、世の中を幸せにするために生きることに意味を見出すことが大切なのだ。それが自分自身を充実と幸福な人生を生きることにつながっていく。

 

凶星は楽をしたい、人に依存して生きていきたい、人生がうまくいかない原因は自分ではなく、周囲の人間や社会にあるという人間には次々と困難と苦しみをもたらしていく。

 

星は今生で生きる人生の現象には強い影響を及ぼし、運命を変えることは難しい。しかし、星は私達の魂にまで影響を及ぼすことはできない。だから、同じ現実を私達がどのように受け止めるかは私達次第なのだ。困難な状況を憎むこともできるし、困難な状況を成長のチャンスと捉え、成長と充実、達成、そして幸福な人生を生きるかそれは私達が選択できるようになっている。そこに運命を超えるための自由意志があるのだと思うようになった。

 

占星術はこの世界の仕組みを知ることで、真理を理解するヒントをもたらしてくれる。占星術に出会わせてくれた人生に感謝したい。

 

 

本日は教育の分割図D24チャトルヴィムシャムシャ(以下、D24)の使い方についてご紹介します。

 

私の研究では、D24は高校、大学などの教育だけでなく、社会人になって受けるセミナー、講座を受ける機会を見るのにも使うことが可能であることがわかってきました。

 

実際、私が30代で世界的に有名な一流の講師のセミナーを受けたときは、出生図だけでなくD24でも最高に幸運のダシャーになっていました。

 

さて、D24を使うポイントは教育を意味する5室、5室支配星、9室、9室支配星が重要です。また、分割図の第1室はその分割図のテーマに置いてとても重要になるので、D24のラグナ、ラグナ支配星も重要です。そして、教育を意味する、水星、木星も見ます。

 

それでは、実例として高学歴セレブのクリスティー・ターリントンを見てみましょう。

 

ここで一つ注意点があります。D24は分割数が多いため、約5分でD24のAsは移動してしまいます。D24を使うためには、時刻修正のスキルが必須となります。D24分割図のAsが正しいかどうかを推測しながらの高度なリーディングが必要とされます。

 

この事例もAsがこれだと辻褄が合うから、これで正しいだろうという推論を含んだ事例紹介になります。

 

Wikipediaによると

 

「彼女は1994年(木星/水星期(1月入学)もしくは木星/ケートゥ期(9月入学))には学業に戻り、ニューヨーク大学のギャラティン校で比較宗教学と東洋哲学に関する研究で文学の学位を取得し1999年に優秀な成績で卒業した。」

 

とあります。

 

 

彼女のホロスコープではマハー・ダシャーの木星は1室を支配し、幸運の5室に在住し、教育運が良いことを示しています。また、この木星は幸運の9室支配星からのアスペクトも受けています。

 

そして、ラグナが射手座であることから宗教や哲学に関心が深いことが示されています。

 

そして、知的好奇心の水星は高揚し、ケートゥとのコンジャンクション(ラーフとケートゥは常に180度反対に位置しているため、ラーフの反対側の乙女座に飛ばして考えます)

 

水星とケートゥがコンジャンクションし、土星のアスペクトを受けていることから、ケートゥの神秘的な知識、深遠な思考、土星のより深く考える哲学的な思考力が与えられ、このような学問に興味を抱くことが示されています。

 

大学に入学したときはケートゥ期、もしくは水星期で東洋哲学を学びたい時期であることがよく現れています。また水星はD24で高揚しているため、教育運に恵まれることを示しています。

 

このようにD24のラグナが正しければ、出生図によく現れていないと思われる教育のことが明確に現れていることが読み取れます。

 

以前、時刻修正の結果ですが、D24のAsが一つずれているだけで、全く異なった教育を受けているという事例がありました。どんな教育を受けるかは出生図だけでなく、D24が重大な影響を及ぼしていることがよくわかります。

 

 

 

来月2018年12月8日から始まる実践講座では、このような分割図の使い方を多数の事例を検証しながら扱っていきます。

 

●インド占星術実践講座へのリンク

 

分割図の使い方、時刻修正に興味がある方は実践講座で一緒に学んでみませんか?

 

会場の都合上、残席数が現在1席となっています。もし、もっと受けたい方がいましたらもう少し広い会場に変更することも検討しています。直前になると会場変更は対応ができないため、ご希望があっても受け入れることができない可能性が出てきています。

 

ご検討されている方は、お早目に(できれば11/22までに)お申込みください。あなたのご参加お待ちしております。よろしくお願い致します。

 

 

続きを読む≫ 2018/11/19 17:01:19 職業と仕事

トップ ウェブ講座 入門講座 基礎講座 応用講座 プロフィール お問合わせ