太陽系意識とつながるインド占星術講座ブログ

ハウス支配星が他のハウスに在住する意味(Elements of VEDIC ASTROLOGY)

洋書『Elements of VEDIC ASTROLOGY』の意訳(全文翻訳ではありません)です。

 

第 13 章 ハウスの支配星の場所
P229〜244 の意訳

 

注意:この翻訳は全文翻訳ではなく、意訳です。サンスクリット語→(ヒンディー語?)→英語→日本語と翻訳が繰り返されているため、本来の意味とはかけ離れた翻訳になっている可能性があります。正確なことを知りたい場合は、英語の原文、サンスクリット語の原文を読んで下さい。この翻訳はあくまで参考程度に考えてください。

 

以下の内容は、インド占星術古典からの翻訳です。インドの古典の時代と現代では文化的背景が大きく異なります。そのため、これを字義通りにそのまま受け止めて扱うことはできません。また、インド占星術の古典は大げさな表現をする傾向があります。そのため、古典で述べていることは参考程度に考え、個々のホロスコープを総合的に見て、柔軟に適用して下さい。根拠が不明瞭なものを安易にチャート解読に適用しないようにしてください。

 

ホロスコープを解読する時は、次のことも考慮してください。

 

(i) 支配星の惑星の性質
(ii) 2 つのハウスを支配する惑星は、もう一つの支配ハウスの意味
(iii) 他の惑星との関連性やアスペクト
(iv) 惑星の分割図での状態
(v) ダシャーが来た時に、現象化すること

 

第 1 室の支配星がそれぞれのハウスに在住するときの意味

第 1 室:健康;長生き;勇敢;思慮深い;とても気まぐれ;2 人の妻を持つ;姦通;土地の財産からの利益を得る

 

第 2 室:学識がある;繁栄;宗教的傾向;長生き;酒を飲まない;自尊心;何人かの妻がいる;たくさんの徳に恵まれる;土地や馬から稼ぐ

 

第 3 室:とても勇敢;ライオンのよう;繁栄;賢い;自尊心;2 人の妻を持つ;弟妹に恵まれる

 

第 4 室:母親からの恩恵を得る;何人かの兄弟姉妹を持つ;感性が鋭い;徳がある;容姿が良い;長寿;父と母へ献身する;少食

 

第 5 室:怒りっぽい;誇り高い;支配者からの栄誉を得る;子供からの喜び;第 1 子は生きられない;長寿;徳のある行い

 

第 6 室:健康;敵を破壊する;過度に倹約する;お金持ち;土地から稼ぐ;もし、傷ついていれば;不健康;敵によるトラブル

 

第 7 室:優秀;美人で気立ての良い妻;もし、ラグナの支配星が生来的凶星なら:妻がいない;孤独;貧乏か王様;外国を彷徨う

 

第 8 室:長寿;富を蓄積する;不健康;姦通;盗み癖;ギャンブラー;怒りっぽい;スピリチュアルな追求に良い;
もし、第 8 室の支配星が生来的凶星なら、目の病気に苦しむ。もし、吉星なら容姿が良い

 

第 9 室:幸運;学識がある;みんなに愛される;ヴィシュヌ神を崇拝;慈悲深い話し手;妻と息子と富を授ける;とても有名

 

第 10 室:学識がある;支配者からの栄誉;父からの幸運;自分自身の優れた能力によって名声と富を得る

 

第 11 室:たくさんの利益;教養がある;複数の妻;有名;長寿な子供;快適な暮らし

 

第 12 室:身体の快適さがない;価値の無い追求に関心がある;外国に住む。もし、有益な絡みやアスペクトが 12 室になければ:無駄な浪費;怒りっぽい。良いアスペクトや絡みがあれば、傷つきは減る

 

第 2 室の支配星がそれぞれのハウスに在住するときの意味

 

第 2 室の支配星は富を生み出すものです。

 

第 1 室:裕福;倹約;冷酷;たくさんの快適さに恵まれる;息子を授かる

 

第 2 室:裕福;よく稼ぐ;快適さを楽しむ;誇り高い;2〜3 人の妻を持つ;息子がいない;他人と対立する

 

第 3 室:徳がある;賢い;勇敢;貪欲;官能的
ノート:第 2 室の支配星が生来的凶星の場合は兄弟と異なる発達をする。第 2 室の支配星が生来的吉星の時は;支配者と対立する。火星が第 2 室の支配星で第 3 室に在住する時:泥棒

 

第 4 室:富を授ける;正直;長生き;父親からの利益;もし、高揚したり、木星か金星と絡む時、この人物は王と同等になる。2 室の支配星としての火星はマラカになる。

 

第 5 室:裕福;能率の良さで有名;幾人かの息子に恵まれる;富を稼ぐ能力;病気がち

 

第 6 室:富を蓄積する;敵を破壊する;敵を通して富を稼ぐ;もし、凶星と絡む時:富を失う;肛門や胸部の病気

 

第 7 室:感性が鋭い;お金を稼ぐ妻;もし、凶星によって傷ついている時;内科医になる。彼とその妻は不貞行為に耽る。

 

第 8 室:土地や資産からの収入;妻からの快適さが減る;年上の兄弟からの快適さがない;他人に有害;施し物や公の援助で生きる;自滅的な傾向

 

第 9 室:裕福;勤勉;子供の頃に病気がち。後に人生の最後まで健康で快適になる;良い話し手

 

第 10 室:官能的;自尊心がある;学識がある;幾人かの女性に恵まれる;子孫からの快適さがない;支配者を通して稼ぐ富。

 

第 11 室:広く有名;有能;尊敬できる;いつも有益;裕福;たくさんの人の世話をする。

 

第 12 室:勇敢;困難;年上の子供からの快適さがない;富を失う;もし、第 2 室の支配星が生来的吉星なら名の知れた貿易商

 

第 3 室の支配星がそれぞれのハウスに在住する意味

 

第 3 室の支配星は活動を表す。活動には性的活動も含む。

 

第 1 室:勇敢;大胆;自助努力;裕福;賢いが無学;不倫;嘘つき;偽造者

 

第 2 室:他人の妻や富をむやみに欲しがる;勇気がない;肥満;投機的な事業を始めることに無関心;快適さがない;短命;身近な人と敵対する

 

第 3 室:健康;勇敢;弟妹に恵まれる;息子、富、快適さに恵まれる;家族や友人の助けになる;師や神々に献身する

 

第 4 室:快適さを楽しむ;裕福;賢い;母親と対立;無慈悲な妻

 

第 5 室:徳がある;息子に恵まれる;長生き;絶えず人を助ける;凶星のコンジャンクションやアスペクトがあると無慈悲な妻

 

第 6 室:弟妹と敵対;お金持ち;母方の叔父からの少しの快適さ;目の病気;病気がち

 

第 7 室:子供の頃問題があるが、後に良くなる;王の臣下;気立ての良い妻

 

第 8 室:泥棒;卑屈;支配者から重罪で罰せられる;弟妹と敵対

 

第 9 室:女性たちから幸運を得る;父親からの快適さがない;子供からの助けがある;学識がある

 

第 10 室:自助努力で富を稼ぐ;快適;悪い女性の世話をする;支配者からの栄誉

 

第 11 室:思慮・分別がない;弱い;病気がち;卑屈;勇敢;自助努力によって富を稼ぐ;肉体の快楽にふける

 

第 12 室:悪い目的にお金を浪費する;父親が無慈悲;女性たちを通して幸運に得る;身内や友人と対立;外国を放浪する

 

第 4 室の支配星がそれぞれのハウスに在住するときの意味

 

第 4 室の支配星は物質的な所有物や家の快適さを扱う。

 

第 1 室:母親からの快適さ;教育、土地、乗り物、徳などに恵まれる

 

第 2 室:財産;勇敢;誇り高い;大きな家族;魅惑的な人;肉体の喜びにふける

 

第 3 室:寛大;才能がある;施し物をする;召使いに恵まれる;自助努力によって富を稼ぐ;両親にとってトラブルの源

 

第 4 室:莫大な財産;賢い;まじめ;いつも快適;大臣;見聞が広い;誇り高い;妻を慕っている;父親にとって、富と地位の源になる;宗教的目的にふける

 

第 5 室:身体の快適さを楽しむ;みんなに愛される;神に献身的;自助努力で稼ぐ;長寿;父親からの利益

 

第 6 室:母親からの快適さがない;短気;不道徳;不倫;4 室支配星が凶星なら、父親に悪名をもたらす。吉星なら富を蓄積する

 

第 7 室:複数の分野を知っている;父親譲りの財産を手放す;集まりの中で表現できない

 

第 8 室;家の快適さがない;無気力;両親からの少しの助け;惨め;病弱;不道徳;身分の低い女性から生まれる

 

第 9 室:みんなに愛される;多くの快適さに恵まれる;誇り高い;特がある;父親からの助けがない;父親から離れる;学識がある;ヴィシュヌ神の信奉者

 

第 10 室:支配者からの栄誉;とても健康;多くの快適さ;自制心がある;化学の知識;父親が 2 人の妻を持つ

 

第 11 室:寛大;他人を助ける;有能;施しをする;父親に献身;徳のある行いをする

 

第 12 室:ホームレス;愚か;不道徳;怠ける;父親が外国に住む

 

第 5 室の支配星がそれぞれのハウスに在住する意味

 

第 5 室の支配星は過去生のカルマの結果を表す

 

第 1 室:洞察力がある;学識;子孫による満足がない;他人のお金を浪費する;有名

 

第 2 室:沢山の息子;多くの富;有名;女性たちに好かれる;歌と音楽に精通

 

第 3 室:弟妹に好かれる;魅惑的;陰口を言う;自己中心的;優しい言葉;子どもたちが弟妹たちの世話をする

 

第 4 室:母親からの満足;裕福;賢い;聖職者や教師;先祖伝来の仕事をする;母親に献身

 

第 5 室:学識、自尊心、子孫に恵まれる;有名人の中でも一流;徳高い

 

第 5 室の支配星が吉星の影響下:子供に恵まれる;凶星の影響下:子供がいない

 

第 6 室:子供の病気;息子と対立;多くの敵;病気がち;貧しい

 

第 7 室:宗教的傾向;自尊心;他人を助ける;息子達に恵まれる;神や師に献身する;徳高い妻

 

第 8 室:短気;無慈悲;惨め;子どもたちに良くない;呼吸器の病気

 

第 9 室:息子が高い地位;家族の中で有名;本の著者;詩や音楽に精通する;容姿が良い;王からの栄誉

 

第 10 室:王のように有名;たくさんの肉体的な喜び;高潔な目的に従事する;母親に良い

 

第 11 室:とても学識がある;裕福;有名;本を書く能力;たくさんの息子に恵まれる;確固とした友情;勇敢;王家の快適さを楽しむ

 

第 12 室:子供からの恵みがない;子供がいない;異国の地を放浪する

 

第 6 室の支配星がそれぞれのハウスに在住するときの意味

 

第 6 室の支配星は苦闘と敵意を示す。

 

第 1 室:不健康;誇り高い;有名;自分の努力によって裕福;徳高い;勇敢;身近な人や兄弟姉妹と対立;敵に打ち勝つ;

 

第 2 室:家族の中で有名;勇敢;講演者;外国に住む;病気;富を稼ぎ、蓄積する

 

第 3 室:兄弟と仲が悪い;怒りっぽい;自助努力がない;争いに苦しむ;ひどい召使い

 

第 4 室:母親からの快適さがない;思慮深い;他人と敵対し、気まぐれ、それでもお金持ち;父親と相互に敵対;病気がちな父

 

第 5 室:変動しやすい友人と富;子供と敵対;自己中心的;親切で幸福;子どもたちの手によって苦しむ

 

第 6 室:同胞と敵対;アウトサイダーと友好的;普通に裕福;健康的

 

第 7 室:妻からの喜びがない;富と徳に恵まれる;勇敢;敵意があり、短気な妻

 

第 8 室:病弱;徳のある人へ反感を持つ;他人の妻や富をたえず欲しがる;不浄

 

ノート:第 6 室の支配星が 8 室に入り、その惑星によって死の原因が表される。
土星が第 6 室支配星で第 8 室在住:腹部の病気
火星が第 6 室支配星で第 8 室在住:蛇に噛まれる
水星が第 6 室支配星で第 8 室在住:毒、敗血症
月が第 6 室支配星で第 8 室在住:低体温、水の病気
太陽が第 6 室支配星で第 8 室在住:ライオン(肉食動物)
木星が第 6 室支配星で第 8 室在住:歪んだ智慧(精神病)
金星が第 6 室支配星で第 8 室在住:目の病気

 

第 9 室:木を扱う;変動する収入;経典への無信仰;兄弟と対立;足が不自由

 

第 10 室:家族内で有名;講演者;父親に献身的でない;母親と対立;外国で快適に暮らす

 

第 11 室:勇敢;誇り高い;敵から収入を得る;敵の手によって亡くなる;盗みに苦しむ;四足獣からの利益

 

第 12 室:学識ある人に敵意;邪悪な目的にお金を浪費;生き物を殺生する人;四足獣を通してお金を失う;放浪者;宿命論者

 

第 7 室の支配星がそれぞれのハウスに在住する意味

 

第 7 室の支配星は配偶者や人間関係を表す。

 

第 1 室:不倫;不道徳;とても賢い;容姿が良い;肉体的楽しみ;自分の妻に愛着がある;ヴァータに関連した病気で苦しむ

 

第 2 室:何人かの女性と関わる;女性を通して稼ぐ;行動がゆっくり

 

第 3 室:霊的な強さがある;愛情がある;妻が流産で苦しむ

 

第 4 室:正直;宗教的;歯の病気

 

第 5 室:裕福;自尊心;徳がある;満足;妻が息子の世話を受ける

 

第 6 室:病弱な妻;妻と対立;怒りっぽい;惨め;妻によって苦しむ

 

第 7 室:良い妻;学識がある;有名;ヴァータの病気で苦しむ

 

第 8 室:病弱な妻;不道徳な妻;妻に先立たれる;不倫;惨め

 

第 9 室:女性たちと協力する;有名;良い気質

 

第 10 室:宗教的な傾向;富と子孫に恵まれる;反抗的な妻;肉体的な喜び

 

第 11 室:妻を通して稼ぐ;多くの娘;美しく徳のある妻

 

第 12 室:貧しい;衣服の販売;妻を通しての出費;妻に騙される

 

第 8 室の支配星がそれぞれのハウスに在住する意味

 

第 8 室の支配星は障害と欠乏

 

第 1 室:肉体の快適さがない;神々やブラフミンを悪く言う;身体の傷;禁じられた行為をする

 

第 2 室:少ない富;所得を失う;短命;泥棒;たくさんの敵;支配者から罰せられる

 

第 3 室:怠惰;弟妹からの快適さがない;弱い;友人や弟妹と対立;気まぐれ

 

第 4 室:友人を騙す;母親、家、土地などに恵まれない;父と対立

 

第 5 室:子どもたちの制限;裕福;長生き;知性が乏しい;子供が生まれた後、苦しむ

 

第 6 室:幼少期に病気;敵に打ち勝つ;水や爬虫類を恐れる

ノート:
太陽が第 8 室の支配星として 6 室に在住:支配者と対立
月が第 8 室の支配星として 6 室に在住:病気
火星が第 8 室の支配星として 6 室に在住:怒りっぽい
水星が第 8 室の支配星として 6 室に在住:臆病
木星が第 8 室の支配星として 6 室に在住:四肢の病気
金星が第 8 室の支配星として 6 室に在住:目の病気
土星が第 8 室の支配星として 6 室に在住:口腔の病気

 

第 7 室:二人の妻;腹部の病気;不道徳;第 8 室の支配星が凶星と絡んでいる時、ビジネスの損失や妻の手によって苦しむ

 

第 8 室:長寿;健康;人をだます;有名;第 8 室の支配星が弱い時、平均的な寿命

 

第 9 室:無神論者;罪深い人;むやみに他人の妻や富を欲しがる;不道徳な妻;生き物を殺生する人;口腔の病気

 

第 10 室:父親からの快適さがない;努力する気がない;王に仕える

 

第 11 室:惨めな幼少期;晩年繁栄;もし、悪い影響がある場合は貧しい;もし良い影響があれば長生き

 

第 12 室:不道徳な目的に浪費する;無慈悲;病弱;盗む

 

第 9 室の支配星がそれぞれのハウスに在住する意味

 

第 9 室の支配星は幸運と徳を意味する。

 

第 1 室:学識がある;容姿が良い;王からの栄誉;幸運;少ない食欲;神々や師に献身する

 

第 2 室:感覚的;妻や息子に恵まれる;裕福;学識がある;好かれる;口腔の病気

 

第 3 室:とても良い容姿;裕福;徳がある;弟妹、親族、美しい妻に恵まれる

 

第 4 室:母親に献身する;有名;家、土地、乗り物を所有する

 

第 5 室:師に献身する;宗教的な傾向;学識がある;幸運な息子たち;徳がある

 

第 6 室:敵によって苦しむ;母方の叔父からの満足がない;宗教的目的に関わる;病弱

 

第 7 室:正直で、美しく、献身的な妻に恵まれる;徳がある

 

第 8 室:不運;兄姉からの満足がない;生き物を殺す人;不道徳;無信仰

 

第 9 室:とても幸運;容姿が良い;徳がある;兄弟に恵まれる;宗教的

 

第 10 室:徳がある;有名;高い地位;宗教的な目的に従事する;両親に献身する

 

第 11 室:徳がある;信心深い;継続的なお金の流入;長生き;宗教的な目的に従事;裕福;有名

 

第 12 室:不運;宗教的な行為や寄付によって富を失う;外国での栄誉;学者のよう;容姿が良い

 

第 10 室の支配星がそれぞれのハウスに在住するときの意味

 

第 10 室の支配星はその人の役目を表す。

 

第 1 室:学識がある;徳高い;子供の頃は病気がちだが、のちに健康;次第に富を増加させていく;父親に献身的;母親に反感を持つ;欲深い

 

第 2 室:徳高い;裕福;支配者からの栄誉;慈善活動;母親に敵対;欲深い

 

第 3 室:勇敢;徳高い;優れた話し手;公正;兄弟や召使いなどに恵まれる;身近な人と対立する傾向がある

 

第 4 室:繁栄する;徳高い;土地や馬、乗り物、身体の快適さに恵まれる;両親に献身的

 

第 5 室:富、子孫、学識に恵まれる;健康;神を敬う行為に携わる;支配者に好まれる;歌や音楽を好む

 

第 6 室:敵に苦しめられる;腕がいいにも関わらず貧乏;父親からの快適さがない;口論;健康的

 

第 7 室:良い妻;徳高い;思慮深い;神を敬う行為に携わる

 

第 8 室:長寿;他人の悪について話す;冒険的なことをしたがらない;無慈悲;変てこで悪い態度

 

第 9 室:富と息子に恵まれる;王かそれに等しい;良い気質;価値ある友人

 

第 10 室:正直;勇敢;とても有能で快適さに恵まれる;母親に優しい

 

第 11 室:富、息子、徳に恵まれる;正直;いつも満足している;長寿;母親に世話をされる

 

第 12 室:賢い;苦労性;反対者におびえる;王を通しての出費に苦しむ;もし、第 10 室支配星が凶星なら、その人は外国を彷徨うか外国で働く。

 

第 11 室の支配星がそれぞれのハウスに在住するときの意味

 

第 11 室の支配星は乗算器。

 

第 1 室:裕福;サトヴィックな気質;詩人;すべての人を平等に扱う;一定のお金の流入;強くて勇敢;短命

 

第 2 室:とても裕福;快適さとスピリチュアリティに恵まれる;宗教的活動と慈善事業にふける;病弱;短命

 

第 3 室:とても有能;多くの兄弟;敵を破壊する;腹痛で苦しむ

 

第 4 室:母親からの富;土地と家に恵まれる;聖地巡礼;長生き;父親に献身する;適切な時間に適切なことをしたい傾向がある

 

第 5 室:学識がある;宗教的活動に携わる;快適に暮らす;徳高い息子;父親とお互いに調和的

 

第 6 室:病弱;冷酷;敵に悩まされる;外国に住む;パワフルな敵;もし、第 11 室支配星が凶星なら、この人は泥棒の手によって、外国で死ぬ

 

第 7 室:徳高い;敏感;思いやりがある;妻に従属する;女性を通して稼ぐ;長生き;高い地位

 

第 8 室:失敗者;長生き;妻に先立たれる;病弱

 

第 9 室:支配者に気に入られる;裕福;正直;宗教的活動に熱中する;とても学識がある

 

第 10 室:王による栄誉;自己制御する;正直;徳高い;自分の宗教に従う;長生き;母親に献身する;父親に敵対する

 

第 11 室:すべての仕事からの収入;学識と俗世の所有物を通して有名;長生き;たくさんの息子と孫息子に恵まれる;容姿が良い

 

第 12 室:他の土地の無信仰な人たちと協力する;敏感;幾人かの女性からの身体の快適さ;宗教的行為に費やす;悪事をはたらく;慢性病に苦しむ

 

第 12 室の支配星がそれぞれのハウスに在住する意味

 

第 12 室の支配星は分割する又は減ずる

 

第 1 室:浪費家;身体が弱い;貧しい;頭が悪い;外国に住む;容姿が良い;非婚か性的不能;カパの病気で苦しむ

 

第 2 室:宗教的傾向;優しい言葉;善い行いにお金を使う;快適;泥棒、火、王からの恐れ

 

第 3 室:弟妹がいないか、離れて住んでいる;独り自分自身を世話をする;他者に有害;質素

 

第 4 室:土地、家、母親、乗り物の満足がない;病弱;息子たちと対立;惨め

 

第 5 室:息子のためにお金を使う;息子がいない;学識がない;聖地巡礼

 

第 6 室:短気;惨め;罪深い人;身近な人と対立する;自分の妻より他人の女性に中毒;目の病気;第12 室の支配星としての金星が第 6 室に入ると盲目

 

第 7 室:妻のために支出する;妻からの満足がない;弱い;愚か;不道徳;妻の手によって苦しむ

 

第 8 室:優しい言葉;平均的な寿命;質が高い;富を獲得する

 

第 9 室:自己中心的;友人や師と対立する;聖地巡礼

 

第 10 室:父親からの少しの満足;支配者を通してお金を失う;他人の妻を嫌う;子どもたちのために富を蓄積する

 

第 11 室:お金持ち;チャートで富を得るコンビネーションができていても失うことで苦しむ;長生き;有名;正直

 

第 12 室:金遣いが荒い;怒りっぽい;病気がち;短命;牛の世話をする;有名

 

 

以上の記述は注意深く扱ってください。次の点について必ず配慮してください。

 

1. 惑星は 2 つのハウスを支配します。そのため、結果は両方のハウスが関係します。
2. 2 つのハウスを支配し、それが矛盾する結果を示す時は、キャンセルされます。
3. 2 つのハウスを支配し、異なった結果を示す時、それらは両方とも現象化します。
4. 強い惑星は充分な結果をもたらします。惑星が弱い時、その結果は明白に弱くなります。
5. どんな結果もダシャーが来た時に、現象化します。

 

ノート:
チャートの読み方は時代が変わると意味も変化します。例えば、第 11 室の支配星が第 12 室に在住することは兄や姉が外国に住むことを意味したり、または輸出入のビジネスを表したりします。新しい意味が時代背景によって加わります。チャートの解析は注意深く行わなければなりません。

 

 


トップ ウェブ講座 入門講座 基礎講座 応用講座 プロフィール お問合わせ