太陽系意識とつながるインド占星術講座ブログ

アマラ・ヨーガ

成立する条件:吉星がラグナまたは月から第10室に在住する。

 

意味:支配者に崇められる、身体的な喜びを楽しむ、
   慈悲深い、感じが良い、人の役に立つなどの意味がある。

 

 

これはなぜ、このような意味になるのでしょうか?
ヨーガを学ぶ時はその本質を考えることが最も大切です。

 

 

第10室は、その人の仕事や社会での振る舞い、評価が表れます。

 

すると第10室に吉星があることによって
その吉星の性質が仕事や社会の
表舞台での振る舞いに表れます。

 

 

吉星はどれも感じが良い印象を与えます。

 

木星なら陽気で楽天的、誠実で善良な印象。

 

金星なら立ち振舞が美しく社交的。

 

水星なら知的でコミュニケーション上手。

 

月なら面倒見が良く、優しい。

 

 

という風に吉星がいい印象を与えるといっても
惑星によってその特徴が表れます。

 

 

また、「支配者から崇められる」というのは
現代社会で考えれば、上司や目上の人から
高い評価を得られるという風に考えることができます。

 

 

そして、この条件のホロスコープは
3分の2の確率でできるので
そのクオリティを見極めることも非常に大切です。

 

 

もし、第10室の吉星が定座、
ムーラトリコーナ、高揚の星座に位置していれば、
そのクオリティはとても高いものになります。

 

 

また、第10室に複数の吉星があれば
その影響はより顕著に表れると考えられます。

 

 

実例として、ジョン・F・ケネディを見てみましょう。

 

ジョン・F・ケネディ

 

彼のホロスコープでは月から第10室に
二大吉星の木星と金星があります。

 

そして、金星は定座に位置するので
そのクオリティは、非常に高くなります。

 

このように、同じヨーガでも
そのクオリティを検討することもとても大切です。

 

そして、惑星の意味を考えて現代的に解釈することで
より深くホロスコープを読み解いていくことができます。

 

 

 

関連ページ

太陽の関係するヨーガ
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
グル・マンガラ・ヨーガ
インド占星術を学びたい人のためのブログです。

トップ ウェブ講座 入門講座 基礎講座 応用講座 プロフィール お問合わせ