太陽系意識とつながるインド占星術講座ブログ

成功と金運をみる

インド占星術基礎講座の受講生限定コンテンツから、その一部をご紹介します。

 

今回はラージャ・ヨーガとダーナ・ヨーガを実際に検証していきます。ホロスコープでこれらのヨーガが成立していると、ヨーガを構成している惑星のヴィムショタリーダシャーの時期に成功したり金運がよくなります。

ラージャ・ヨーガは社会的成功を示すヨーガです。

  • 幸運のトリコーナ・ハウス(1室、5室、9室)と守護のケンドラ・ハウス(1室、4室、7室、10室)との組み合わせで成立します。
  • 成立するためのコンビネーションは相互アスペクト、星座交換、コンジャンクションです。
  • 社会的成功を示しますが、学生時代なら生徒会長になるなど、必ずしも収入に結びつくとは限りません。

ダーナ・ヨーガは収入が上がるなど金運が良くなるヨーガです。

  • トリコーナ・ハウス(1室、5室、9室)、収入を示すハウス(2室、11室)のどの組み合わせでも成立します。
  • トリコーナ・ハウス同士でも、2室と11室でも、トリコーナ・ハウスと2室や、トリコーナ・ハウスと11室でも成立します。
  • 成立するためのコンビネーションは同じ相互アスペクト、星座交換、コンジャンクションです。

 

実例(1)

 

Aさんチャート

 

会社員の方のホロスコープです。ずっと経理の仕事をしたいと思い、Ra / Su期に転職できたそうです。以前転職活動をした時は上手くいかず、練習のつもりで久しぶりに活動したら、面接1社目でよい会社に入れたそうです。

 

Ra / Su 期をホロスコープでみていきましょう。Ra(ラーフ)は魚座に在住し、魚座の支配星である木星(Ju)として振舞います。支配星の木星(Ju)はケンドラ・ハウスの4室と7室を支配し、トリコーナ・ハウスの9室を支配する金星(Ve)とコンジャンクションしてラージャ・ヨーガを作っています。

 

そのためRa期はラージャ・ヨーガの時期となり、希望の転職に成功しました。さらにSu(太陽)は願望成就を示す11室に在住しているので、自分のやりたいことが実現しやすいです。このようにハウスの配置により、具体的にどういう成功が起こるかがわかります。

 

何かやりたいことがある人は、あらかじめラージャ・ヨーガの時期がわかれば、その時期にチャレンジしたいことをすると成功しやすいと考えられます。逆にラージャ・ヨーガがない時期は、今は準備段階と思ってやっていくといいですね。

 

Ju /Me期には契約社員から正社員となり収入が上がったそうです。アンタル・ダシャーのMe期はダーナ・ヨーガの時期です。ホロスコープを見ると、水星(Me)はケンドラ・ハウスの1室を支配していて、収入を示す11室を支配している月(Mo)と相互アスペクトしています。

 

正社員となったのは水星が社会的評価を示す11室に在住し、Ju期はラージャ・ヨーガの時期なので、社会的成功として会社からの評価が上がったためと読めます。

 

(リーディング:ミチユウ 文章:マニ)

 

 

インド占星術基礎講座では受講生の皆さんのリクエストに応じて様々な実例を通して学んでいます。このような講座でリーディングしたホロスコープを、受講生限定コンテンツとして会員専用サイトで公開しています。

 

 

 

 

関連ページ

スピリチュアル・セラピストの実例
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
ハンドメイドショップ・オーナーの実例
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
世界一の講演者 アンソニー・ロビンズ
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
経営者に必要なのは度胸
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
政治家に必要な天体配置とは
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
起業家のホロスコープとは
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
職業を見るときの水星
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
教育の分割図チャトルヴィムシャムシャの使い方
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
天職を見るときの10室と10室の支配星の違いとは
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
政治学専攻のホロスコープ
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
適職、天職、使命を読み解くには
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
高度な学問を探求する科学者の配置とは
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
中山美穂さんの時刻修正をする
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
エマニュエル・マクロンに見るダシャムシャの重要性
インド占星術を学びたい人のためのブログです。
5室に示される教育運
インド占星術を学びたい人のためのブログです。

トップ ウェブ講座 入門講座 基礎講座 応用講座 プロフィール お問合わせ