太陽系意識とつながるインド占星術講座ブログ

 

インド占星術では、政治家になる人は10室に土星の影響がある必要があると言われています。10室に土星の影響とは次のような条件です。

 

1. 10室に土星の在住
2. 10室に土星のアスペクト
3. 10室支配星と土星のコンジャンクション
4. 10室支配星への土星のアスペクト

 

それでは、実例として世界で物議を醸し出しているアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏を見てみましょう。

 

 

彼の10室の支配星である金星が12室に在住し、土星と緊密にコンジャンクションしています。政治家になる条件を満たしています。

 

それでは、なぜ土星の影響が政治家に必要な条件なのでしょうか。それは土星が民主主義の惑星だからです。民主的な選挙で選ばれるためには、土星の影響が必要なのです。また、土星は権力の惑星であるため、10室に土星は権力の座につくことを意味しています。

 

私は最近インスピレーションがあり、更に次のように考察しています。10室は社会的な行動を表すハウスです。10室に土星は仕事に対する責任感が強くあり、好き嫌いにとらわれず仕事を全うします。また土星は現実主義の惑星でもあります。そのため、理想だけを見るのではなく、現実に起きている問題に対して、現実的に考え行動する思考も与えます。そして仕事における完璧主義と努力の惑星でもあるため、高い質の仕事をします。仕事においてこのような姿勢を示す人間は民衆からの支持を得て、選挙で選ばれ、権力の座の座につくことができるのでしょう。

 

考えてみれば、政治家の仕事というのは本当に大変な仕事です。多くの対立するニーズ、利害関係のある中で様々な地域や国家の問題に対して、長期的に取り組んでいかなければなりません。そして、すべての人の希望や理想、利害を満たすことは不可能なので、対立や批判を免れえません。そんな仕事より、もっと楽で儲かる仕事は世の中にたくさんあるでしょう。その中で、あえて政治家という仕事をするのは、志しと同時に理想だけでなく現実を見て、現実に対処できる人間である必要があります。

 

土星の影響だけでなく、様々な惑星の影響があるので、こんな人間だけでなく、私利私欲欲望に満ちた政治家もたくさんいると思いますが、土星の影響があるということはそういった一面もあるのではないかと思います。

 

理想主義者からすれば、政治家に対して悪いイメージを抱きますが、理想主義だけでは解決できない現実をみて動いていかなければならないのが政治家です。現実的だからこそ、社会的な影響力の高い権力の座につくことができます。

 

逆に木星が理想主義者の惑星ですが、理想を語るだけの人間は社会的な影響力の強い権力の座につくことはで難しいのではないと思います。。そうした人は宗教家や教育者となるのでしょう。

 

このように考察していくと、今まで疑問だったことが理解できるようになりました。素晴らしい理想を語る人たちが、なぜ、社会を変えていく力を持つことが難しいのか、影響力が弱いのか。それは現実を見て、現実的に対処する意識が低く、理想を曲げるような思考ができないからなのでしょう。

 

これは私個人の一つの考察に過ぎませんが、インド占星術でただ10室に土星の影響は政治家の配置であるということを覚えるより、このようになぜ、その天体配置がそういった意味を持つのかということの本質を考察していくことで、この世界の本質を理解することにつながっていきます。そうした、この世界の真理に対する洞察を深めることにこそ、インド占星術を学ぶ深い意味があるのだと私は感じています。その延長線上に生きる意味、運命の意味への理解につながっていっているように感じます。

 

このように本質的なものの見方をすれば、10室に土星の影響は政治家だけでなく、社会的に責任が大きく、現実的に見て、長期的な努力を必要とされるすべての仕事に拡大して理解し、応用していくことができます。こういった資質は経営者としても成功しやすく、必要な配置です。また、こういった傾向は、どんな職業でも成功する可能性を秘めています。

 

インド占星術の初学者である間は、こうした考察まで考えることは難しいですが、理解が深まってきたら、こうした考察をすることでインド占星術のスキルを飛躍的に高めることができるようになります。

 

 

続きを読む≫ 2018/05/24 09:20:24

先日、経営者の皆さんと一緒に食事をする機会があり、経営に関するお話を色々と聞きました。数10人から100人以上の会社の経営者さんなので、個人事業でやっている私からすると想像絶する金額の借金や苦労話でした。経営者の方々は、本当にたくさんの困難、障害を乗り越えてきているのだということに驚きと感銘を受けました。

 

その中で一つ印象的な言葉がありました。「経営者は度胸だ」ということです。経営者というと頭が良くないとできないと勝手にイメージしていましたが、実際はそうではありません。結構、勉強嫌いだったという方も多くいます。ある一人の方は勉強が本当に嫌いでほとんど学校には言っていなかったと言っていました。それでも今は億単位の売上をあげている経営者です。聞いていると、適応できなかっただけで頭は良かったのではないかとも思いましたが、頭が切れるというわけでもなさそうです。

 

ただ、そこにいた経営者に共通していたのは「度胸」が半端ないということです。さて、それは占星術的に何故なのか知りたく見てみました。「経営者は度胸」だと言った経営者の方は太陽と火星が蟹座で2度以内でコンジャンクションしていました。蟹座の火星は減衰ですが、太陽とこれだけ緊密にコンジャンクションしていると、行動力、度胸、決断力は人並み外れています。

 

話を聞いていると数千万円単位の借金を何度もして、事業を大胆に発展させ、動かしてきています。プライベートでもマラソンが大好きで、ハードな修行がしたいと言っていました。さすが、まさに火星ですね。

 

火星は戦士の惑星であり、リーダーの惑星です。経営者という方にはこの火星のパワーが必ず必要なのだと実感させられました。経営者には水星の知性もあったらなお良いのでしょうが、それよ
り火星の勇気、大胆さ、行動力、決断力の方がよっぽど大切なのだということです。

 

そして、更に蟹座の太陽と火星というのがまた興味深く、全く人と争うタイプではなく、とても謙虚な方です。蟹座らしく、とても面倒見がいい方で、地元に貢献するために社会不適応と烙印を押されてしまいそうな若者でも雇って、家族のように大切にして育てていっています。

 

このように一見矛盾するような、蟹座の気の弱い優しさと火星のアグレッシブさの性質が両立して表れていることがよくわかりました。人を理解するためのツールとしての占星術の奥深さは本当に興味深いですね。

 

 

続きを読む≫ 2018/01/26 15:19:26

アメリカの世界ナンバー1コーチと言われるアンソニー・ロビンズ。彼の職業的特性はどのように出ているのか今回は見てみたいと思います。

 

アンソニー・ロビンズとは何ものか知らない方のためにWikipediaの来歴を引用しておきます。

 

来歴

ロビンズはカリフォルニア州ノースハリウッドで生まれる。当時家族は貧困な生活をしているため、大学入学を断念、ビルの清掃業を勤める。その後ロビンズは700以上の成功哲学や心理学の本を読み、セミナーに参加するようになる。1986年には『Unlimited Power』を刊行。全世界で1000万部の大ヒットセラーとなった。

 

現在は30年以上にわたり、世界中でセミナーを行っており、日本でも2014年に初来日し幕張イベントホールでセミナーを開いている。

 

また2007年にはフォーブスの世界で最も影響力を持つ著名人「Celebrity 100」に入っている。ロビンズは年間で3000万ドルを稼いでいる。

 

アンソニー・ロビンズのホロスコープ

 

職業

彼は世界的なセミナー講師、講演家であり、NLP(神経言語プログラミング)を駆使したコーチ、セラピストです。そして、複数の事業を手がけるビジネスマンでもあります。

 

彼の10室には木星と土星がアスペクトしています。木星は智恵を教える教師であり、土星は厳しい教師です。社会的に教育者としての立場にあり、講演活動をすることが読み取れます。

 

また10室支配星の水星は魚座に在住し、ケートゥと緊密にコンジャンクションしています。ケートゥはスピリチュアル、サイキック能力や神秘的な知識、代替医療を表す惑星です。NLPという脳の特性を駆使して、人の潜在的な能力を開花させたり、潜在意識からトラウマの克服するセラピーをしたりするのは、このケートゥに象徴されます。また、魚座はスピリチュアルなセラピストの星座でもあります。

 

また、この出生図の10室支配星の水星はナヴァムシャでは蟹座、ダシャムシャでは蠍座に在住し、仕事を読む上で重要なチャートで、すべて水の星座に在住しています。これはスピリチュアルな変容を起こすことが彼の仕事の分野であることを示しています。

 

 

彼の結婚や離婚、幼年期の境遇、人生の出来事など6ページにわたるより詳細なレポートをインド占星術基礎講座にご参加の皆さんに特典として付けます。

 

 

 

続きを読む≫ 2017/03/28 21:53:28

インド占星術基礎講座の受講生限定コンテンツから、その一部をご紹介します。

 

今回はラージャ・ヨーガとダーナ・ヨーガを実際に検証していきます。ホロスコープでこれらのヨーガが成立していると、ヨーガを構成している惑星のヴィムショタリーダシャーの時期に成功したり金運がよくなります。

ラージャ・ヨーガは社会的成功を示すヨーガです。

  • 幸運のトリコーナ・ハウス(1室、5室、9室)と守護のケンドラ・ハウス(1室、4室、7室、10室)との組み合わせで成立します。
  • 成立するためのコンビネーションは相互アスペクト、星座交換、コンジャンクションです。
  • 社会的成功を示しますが、学生時代なら生徒会長になるなど、必ずしも収入に結びつくとは限りません。

ダーナ・ヨーガは収入が上がるなど金運が良くなるヨーガです。

  • トリコーナ・ハウス(1室、5室、9室)、収入を示すハウス(2室、11室)のどの組み合わせでも成立します。
  • トリコーナ・ハウス同士でも、2室と11室でも、トリコーナ・ハウスと2室や、トリコーナ・ハウスと11室でも成立します。
  • 成立するためのコンビネーションは同じ相互アスペクト、星座交換、コンジャンクションです。

 

実例(1)

 

Aさんチャート

 

会社員の方のホロスコープです。ずっと経理の仕事をしたいと思い、Ra / Su期に転職できたそうです。以前転職活動をした時は上手くいかず、練習のつもりで久しぶりに活動したら、面接1社目でよい会社に入れたそうです。

 

Ra / Su 期をホロスコープでみていきましょう。Ra(ラーフ)は魚座に在住し、魚座の支配星である木星(Ju)として振舞います。支配星の木星(Ju)はケンドラ・ハウスの4室と7室を支配し、トリコーナ・ハウスの9室を支配する金星(Ve)とコンジャンクションしてラージャ・ヨーガを作っています。

 

そのためRa期はラージャ・ヨーガの時期となり、希望の転職に成功しました。さらにSu(太陽)は願望成就を示す11室に在住しているので、自分のやりたいことが実現しやすいです。このようにハウスの配置により、具体的にどういう成功が起こるかがわかります。

 

何かやりたいことがある人は、あらかじめラージャ・ヨーガの時期がわかれば、その時期にチャレンジしたいことをすると成功しやすいと考えられます。逆にラージャ・ヨーガがない時期は、今は準備段階と思ってやっていくといいですね。

 

Ju /Me期には契約社員から正社員となり収入が上がったそうです。アンタル・ダシャーのMe期はダーナ・ヨーガの時期です。ホロスコープを見ると、水星(Me)はケンドラ・ハウスの1室を支配していて、収入を示す11室を支配している月(Mo)と相互アスペクトしています。

 

正社員となったのは水星が社会的評価を示す11室に在住し、Ju期はラージャ・ヨーガの時期なので、社会的成功として会社からの評価が上がったためと読めます。

 

(リーディング:ミチユウ 文章:マニ)

 

 

インド占星術基礎講座では受講生の皆さんのリクエストに応じて様々な実例を通して学んでいます。このような講座でリーディングしたホロスコープを、受講生限定コンテンツとして会員専用サイトで公開しています。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/08/22 15:08:22

今回は仕事と天職の実例として、ハンドメイドショップ・オーナー藤澤まさみさんのホロスコープを実例にリーディングしていきます。

 

(ご本人に実名とホロスコープを公開することをご承諾頂き、ご紹介させて頂いております)

 

藤澤さんは1室、10室、太陽を全て活かして仕事をされています。

 

藤澤さんは主婦から起業し、現在オーガニックコットン、天然素材の服を自分でデザインし、作り、販売する店を経営していて、ご自分のように店やサロンをやりたい人に向けた開業、経営のための講座もひらいています。

 

藤澤まさみまさみさんホロスコープ

第1室

まず1室をみるとアセンダントは乙女座です。乙女座は知性が高く実務能力に優れ、何か知識を学ぶことの能力が高い星座です。乙女座自体は王様を示す獅子座の隣に位置し、秘書など、トップを実務的にサポートする立場の仕事に就くことが多いです。

 

しかし、藤澤さんは経営者です。この場合、なんでも自分でやる経営者となります。乙女座の能力として、頭がよく緻密で実務能力が高いので自分で色々と出来てしまいます。計画的で、きっちり経営計画をたてることが得意でしょう。また実際に、自分で服をデザインし、作り、自分で販売をしていらっしゃいます。

 

1室には木星(Ju)が在住し、人に知恵を教える能力があります。土星(Sa)は職人気質や技術的能力を示し、完璧主義でもあります。

 

乙女座は身体能力として手先が器用で繊細なものを扱う高い能力を持っています。また美に対する強いこだわりもあります。華やかな美しさというのではなく、ほんの少しの狂いも認めたくないというような緻密な美しさにこだわる傾向があります。そこに土星が入ることでより完璧で職人的な仕上がり、最高のクオリティを追求していく人でしょう。

 

ご本人の話を聞くとその通りで、自分で作るぶんにはいいけれど、人に任せると出来上がりのチェックですぐ目の粗さや1ミリの縫製のズレが分かってしまい、やり直してくださいと伝えるそうです。細やかさをもつ乙女座、土星の完璧主義でこういうことが普通に見えてしまうし、最高のものを作りたいとなるのですね。

 

次に1室支配星の水星(Me)は双子座に入っているので、情報発信していくことに能力を発揮できます。水星は定座なのでその能力も高い人です。

 

そして1室支配星の水星にはとても近い距離で金星(Ve)が同室しているので、美的センス、感覚の高い人といえます。それを生かした仕事ができる人です。金星には土星(Sa)がアスペクトしているので、ただ美しいだけのアートではなく、現実的で実用性を重視する土星の影響によりデザインや機能性を考慮した美しいものを作るのに向いています。

 

第10室

そして10室をみると、金星(Ve)在住で社会的立場としては接客業となります。金星は人当たり良く調和的にふるまう惑星で、接客業に向きます。

 

同じく10室には水星(Me)が在住し、情報や知識を伝えることを得意とする人です。1室に木星が在住し、知恵を教える能力もあります。ご自身が開催する講座では10室在住の水星、10室へアスペクトする土星(Sa)の影響により、経営やホームページの作り方、写真の撮り方など、より実践的、実用的な(土星)経営、開業のための知識(水星)を教えていらっしゃいます。

 

10室支配星は双子座に在住しているので、社会的立場、天職としては情報や知識を伝える人ともいえます。1室支配星が社会的使命やふるまい方を示す10室に在住していることにより、藤澤さんにとって、伝えること、教えること、水星の示す商売や金星の示す接客、もの作りは人生の重要なテーマとなっています。

 

太陽

最後に太陽(Su)をみると、牡牛座に在住しているので美的センス、感覚に優れ、物作りが得意です。これらが服飾系の仕事に反映される場合もあるし、飲食系の場合もあります。藤澤さんは、作るものはなんでも好きで、飲食店の経営もしてみたいそうです。牡牛座には火や刃物を示す火星(Ma)も在住しているので、その可能性は充分あります。

 

太陽と火星のコンジャンクションは、どんな困難があっても乗り越えるパワー、チャレンジ精神があることを示しています。経営者、自営業者に必要な資質が表れています。太陽は、魂の成長する方向性を示しています。太陽と火星のコンビネーションは、困難を乗り越えていくことに喜びや充実感を感じ、それが魂の成長の方向性になっています。

 

藤澤さんの火星は太陽だけでなく月(Mo)にもアスペクトしてますし、Asにはとても近い距離で冥王星(Pl)が同室しています。とてもパワフルでどんなことがあっても乗り越えるパワーのある人です。乙女座は緻密な反面大胆さがなく、弱点としては優柔不断になりやすいところがありますが、藤澤さんは火星や冥王星の影響が強いためにパワフルで、経営者、自営業が向いている人です。

 

藤澤さんは仕事が人生のテーマであり、その才能も豊かなため、能力と社会的使命、立場、成長する方向性がとても分かりやすく出ています。

 

文章 マニ

リーディング&監修 ミチユウ

 

Atelier F*(アトリエエフ)ハンドメイドショップオーナー 藤澤 まさみ

 

千葉県鎌ケ谷市でハンドメイドの洋服のサロン”Atelier F*”を経営しています。オーガニックコットンなどの天然繊維を使った手づくりの洋服を、自分でデザインして建築したお店で製作、販売しています。わたしと主人のアトピーの経験から衣食住の重要さに気付き、安心して使えるものをトータルでご提案できるサロンを作りをしています。冷えとりを実践している方にも対応したお洋服のセミオーダーも行っています。

 

厳選した生地で立体裁断を取り入れたオリジナルパターンを使って、1点1点ていねいにアトリエで手作りしています。べんがらを使って染色も行っています。ショップでは洋服の販売だけでなく、個人セッションなど衣食住トータルのアドバイスや講座、ショッププロデュース、ホームページの制作や名刺などのデザインなども手掛けています。

 

ホームページ http://atelier-f.com/

 

 

続きを読む≫ 2016/07/15 09:59:15

今回はスピリチュアル・セラピストの研谷ひろみさんを実例に仕事についてみていきます。
ご本人に実名とホロスコープを公開することをご承諾頂き、ご紹介させて頂いております。

 

仕事を見るときに重要なのは1室、1室支配星、10室、10室支配星と太陽です。

  • 1室はもって生まれた才能、能力を示し、ストレートに仕事に結びつきやすい傾向にあります。
  • 1室支配星は本質的な性質を表しています。
  • 10室は使命感、自分が社会的にどのように役立ちたいかを示します。天職としての仕事に結びついたり、社会的な立場、ふるまい方を表します。
  • 10室支配星は向いている仕事の業界や分野を示している傾向があります。
  • 太陽は仕事や社会的立場での姿、成長する方向性を示します。

多くの人は1室と1室支配星に示される性質や能力で仕事をしています。能力があり出来ることなので職業に結びつきやすいのです。ただ天職に結びつくかというと、出来ることがその人にとって好きなこととは限らない場合もあります。

 

また、1室だけしか活かされていない仕事は、出来るけど何か物足りないと感じるかもしれません。1室だけでなく10室のこともすると本当に使命を生きているとなります。1室、10室、太陽、すべての要素が仕事に生かされてると最高の天職といえるでしょう。

 

今回紹介する研谷(とぎたに)ひろみさんはすべての要素を生かし天職としてスピリチュアル・セラピストをしています。主催するFREYJA(フレイヤ)では恋愛、結婚における関係改善のためのスピリチュアルな講座開催、ヒーラーの養成、個人セッションを行なっています。ではホロスコープをみていきます。

 

研谷ひろみさんホロスコープ

 

第1室

まず能力、才能を示す1室は天秤座です。天秤座的な人と関わる、人と接し調和をとっていく才能があります。

 

1室にはAsと海王星(Ne)が度数1度という非常に近い位置にいます。海王星は高度な存在とチャネリングできるスピリチュアルな惑星で、1度という距離が研谷さんにチャネリング能力をあたえています。同室していても3度以上離れると難しいかもしれません。生まれながらのチャネラーといえます。

 

次に月(Mo)もAsから7度の位置にいます。月は愛情深く母性的で共感能力が高いことから、人の世話をする仕事に結びつきます。セラピスト、カウンセラーとしての能力があります。

 

1室には火星(Ma)、ケートゥ(Ke)もいます。火星は困難な状況にへこたれないパワフルさ、チャレンジ精神をもち、自営業に向いている人です。ケートゥは神秘的な知識、エネルギーワーク、代替医療を示し、これらの才能があります。こうしてみると、1室の能力、才能を使って仕事をしているのがよく分かります。

 

1室のなかでもAsに近い惑星がその人の能力に強い影響を及ぼします。いま研谷さんは海王星、月の能力を使った職業をしているといえます。火星の距離が近い場合は、たとえば弁護士など、天秤座的にバランスをとりながらも火星の争っていく性質がより顕著に出る職業に就く可能性もあったでしょう。

 

第1室の支配星

第1室支配星は獅子座に在住しています。これは本質的な部分で獅子座の性質を持っていることを示しています。獅子座は王様の星座であり、人の下に就くより、自分がトップに立つことを好みます。そのため、獅子座が関係している人は、個人事業主や経営者になる傾向があります。

 

第10室

次に10室をみていくと、木星(Ju)が在住しています。しかも高揚しています。木星は教育者であり知恵を教える惑星です。そのため職業として教育者ではないですが、教育をする立場に就き知恵を教え、ヒーラーを養成し、講座を開催しています。ご本人の話を聞くと小学生の頃から学校の先生になりたかったそうです。人に教えることが社会的使命なのですね。

 

このように10室に惑星が在住していると自分の社会的使命を探し求めていくので、顕著に社会的立場に反映され天職が明確です。惑星が入っていない場合、10室支配星や10室にアスペクトする惑星でみますが惑星が入っている場合よりも社会的立場としては明確にはなりません。10室支配星は月(Mo)なので、母親的な立場に立つ人ということで、セラピスト、教える人と読むことができます。

 

第10室の支配星

10室の支配星はどの業界、分野を選ぶのかを示し、研谷さんの第10室の支配星は月(Mo)で天秤座に在住しています。恋愛、結婚におけるパートナーシップの関係改善というのは他者との調和をとる天秤座の分野といえます。

 

月は海王星(Ne)、ケートゥ(Ke)の度数の真ん中位にあるので、海王星のスピリチュアルな業界、ケートゥの神秘的な世界、代替療法の業界で働くと見ることができます。エネルギーワークやフラワーエッセンス、自然療法をしているのが表れています。

 

太陽

最後に太陽(Su)をみると、太陽は双子座にいます。情報を集めて発信していくのが自然に出来ます。水星(Me)も定座で入っているのでその能力も高いです。仕事としてブログ、フェイスブック更新をまめにしていることがよく表れています。

 

また太陽は9室に入っているので、9室のテーマである精神性、道徳性、知恵、高度な知識、これらが仕事に関係しています。

 

研谷ひろみさんのホロスコープ紹介でした。1室の才能、能力を生かし、10室に惑星が在住し社会的使命感が明確で、1室、10室、太陽を全て使って仕事をしている顕著な例です。

 

(マニ、ミチユウ)

 

 

続きを読む≫ 2016/07/13 09:54:13

トップ ウェブ講座 入門講座 基礎講座 応用講座 プロフィール お問合わせ