太陽系意識とつながるインド占星術講座ブログ

デーヴィッド・フローリーの「預言者たちの占星術(Astrology of the Seers)」より生活スタイルによる運命改善法を翻訳しました。それぞれの惑星が弱いときは、以下のように生活スタイルを変えることで惑星の弱さを補う助けにします。

 

太陽

独立性、勇気、恐れに対する挑戦心を養いましょう。自分の心のすべての暗い面に光をもたらします。一人で公の場に出て、一人で時間を過ごすことができるようになることを学びます。もっと主導権を持ち、人生の中でリーダーシップを発揮します。

 

太陽のもと、外で時間を過ごし、1日20分は日光浴をしましょう。朝は早起きして太陽に挨拶をします。できれば、神への祈りと詠唱を日の出、正午、日没ににします。ヨガの太陽礼拝(スーリヤナマスカール)を定期的にしましょう。

 

信仰、信心、思いやりが月のエネルギーを高めます。家族と友人の母のように協力的な環境を探し求めることが大切です。奉仕活動のように、育て方で他者をどのように助けることができるかを考えることが必要です。他者と交わり、コミュニティに対して心を開くことが大切です。

 

火星

火星のエネルギーを増加させるには、より積極的に、大胆に、活動的に、表現力に富み、活気に満ちることを学ぶことが大切です。肉体的な活動をして身体を丈夫にすることが大切です。身体と心、精神を鍛えます。しかし、それは厳しく適用するべきではなく、優れた智恵と融通性を伴ってすべきです。

 

水星

もっと読むこと、学ぶこと、書くこと、考えることをしましょう。数理的、哲学的な学びが良いです。コースやセミナー、また学校に行くことも良いです。世界の普遍的な偉大な気づきを学び、コミュニケーション力を高める努力をすべきです。新しい言葉を学ぶのも良いでしょう。
心の沈黙の時間をとり、自然の中でリラックスする状態をいつも保つことが必要です。知性の最高の質は私たちの外の世界の認識をまとめる能力ではなく、内面の世界をまとめる能力です。これは現実のものとして視覚で見えるものを受け入れないことを含みますが、内在する意識における真実の光の求めです。

 

木星

木星のエネルギーは、もっと楽観的になり、もっと信仰を持ち、儀式と善い行いをすることで高められます。自身の高次元の根源に従った上で、より友好的になり、社交的におしゃべりをします。自身の中にある善なる力とつながることを探し求める必要があります。この世界で、他人を助けるために捧げる行動や意識を高めるための行動は、どんなタイプの行動も役立ちます。

 

 

金星

金星のエネルギーは、優雅さ感受性を養うこと、人生でもっと感謝したり、愛情あることをすることで高められます。私たちは、もっと創造的、芸術的に、人生において表現力を高める努力をする必要があります。周りにもっと美しさと色彩を持つことが助けになります。もし、あなたが女性なら、もっと女性らしい振舞いをすることを増やす必要があります。男性なら人生の中で女性にもっと心遣いをすることが助けになります。特にパートナーとの関係、ミューズ(ギリシャ神話の女神)、女神へ帰依することです。

 

土星

土星が弱い時は、心の平安、落ち着き、公平性、平静心を養う必要があります。人生の中に厳格な習慣を持ち、権威や伝統に従うことをします。旅行を減らし、神経と感覚の刺激を避ける必要があります。強い感情の表現を避けます。同様にストレスと緊張の状況を避けます。一人で自然の中で時間を過ごし、ゆっくりと静かに静養することが役立ちます。

 

ラーフ

ラーフが弱い時は、パワフルな感覚、マスメディア、ハイテク、ドラッグ、セックス過剰、話し過ぎ、想像し過ぎることを避けます。ジャンクフードから人工的な環境まで、すべての人工物を避ける必要があります。平安、静けさ、安らぎを養う必要があります。同様に愛、信仰、同情心のような木星の影響力を開くことが必要です。身体的および精神的免疫を強化するための守られた育成環境が必要です。

 

ケートゥ

もっと自分の考えや理解力に自信をもつ必要があります。スピリチュアルやオカルトの研究が助けになります。あらゆる種類の集中的な研究や洞察力を磨くことを学ぶことも助けになります。占星術を学ぶことも役立ちます。先生についたり、伝統に従うことが最高です。思いやりと自由をともなって、意志とエネルギーの人生と発達には規律が必要です。ただし、それには思いやりと自由が伴っていることが大切です。

 

 

続きを読む≫ 2018/02/28 11:21:28

ホロスコープ上の弱い惑星や良い惑星を、色を使うことで改善したり、強めたりすることができます。
弱い惑星、強めたい惑星のカラーの衣服を身につけたり、小物をもったり、その色の環境に身をおくことで、運勢を改善することに役立ちます。

 

一般的にラグナ支配星や9室支配星を強めることは、良い影響があります。また、弱い惑星、傷ついた惑星の色を使うことも運勢の改善につながります。

 

ただ、生来的な凶星である土星や火星を強めることは注意深くしなければなりません。例えば、強すぎる火星は勝負に強くなるかもしれませんが、争いを生み出すことにもつながるからです。

 

一方、生来的な吉星を強めることは安全に良い面を強めることができます。まずは、ラグナ支配星の色をラッキーカラーとして活用してみましょう。

 

【太陽】
心臓の中に赤や金色の太陽の球体があることをイメージして瞑想をします。明るい、輝いた、透明、暖かい色、一般的に、赤、?色、金、オレンジが好ましい色です。暗い色、場所、環境を避けるべきです。特に曇った色、灰色と黒を避けるべきです。

 

【月】
月のために最も良い色は白です。薄い色合いの青、緑、ピンクのような色が助けになります。また、その色は明るく輝いている必要があります。暗い色や曇った色は避けるべきです。特に灰色や黒、赤過ぎる赤や火の燃え立つような色は避けるべきです。透過色は使うべきではありません。

 

【火星】
火星のエネルギーは赤や火の燃え立つ色によって増強されます。それは一般的に暗い色合いか、光沢のない色調です。冷たい色、青、緑、?色のような透過の明るい色は避けるべきです。火星タイプはミリタリーカラーを好みます。

 

【水星】
水星はエメラルド色や緑色で高められます。それ故に、草原や森の青々しい自然環境で時間を過ごすのが好ましいです。緑色の光の下に座ることが助けになります。

 

赤やオレンジ、暗い色は避けるべきです。水星は中間色の色合いと強すぎない色を好みます。アースカラーのマイルドな緑、青、灰色、茶色が好ましいです。

 

【木星】
木星のエネルギーは?色、オレンジ、金色を使うと高められます。はっきりとして、明るい、透過色が良いです。暗い色は避けるべきです。同様に、強い色合いの赤、青、すみれ色、紫も避けるべきです。

 

【金星】
金星はすべての色が好きです。特に虹色のような色です。パステルカラー、淡い緑、ピンクを好みます。暗い色や重い色、明るすぎる色、鋭い色はよくありません。明るく、花のように多様な色が最高です。

 

【土星】
土星を最も強める色は暗い色合いの青です。茶色、灰色、黒が良いです。けれども、おそらく土星の否定面も過剰になります。一般的に土星は多くの色を好みません。土星を強めるには明るい色を避け、たくさんの色を使わないことです。

 

【ラーフ】
ラーフのための色は木星のための色と似ています。明るい色、?色、金色が良い色です。また、赤やオレンジ、透過色のような太陽のための色も好ましいです。これらの色が、蝕によるラーフの否定的な影響を打ち消し、肯定的な影響を増大させ、肯定的なエネルギーを与えます。

 

【ケートゥ】
ケートゥのための色は太陽のための色と似ています。明るい色、火の色、鋭い色、透過色、赤、オレンジ、?色が好ましいです。くすんだ色や白っぽい色は避けるべきです。同様にすべての暗い色や曇った色も避けるべきです。

 

 

続きを読む≫ 2018/02/08 13:46:08

人生がうまくいく人と
うまくいかない人の
決定的な違いは何なんでしょう?

 

 

それは、「行動」できるか否かです。

 

 

人生を好転させるために
様々な開運法があります。

 

方位をとったり

 

宝石を身につけたり、

 

瞑想をしたり、

 

掃除や整理整頓をしたり、

 

開運をグッズを買ってみたり

 

祈ってみたり・・・・

 

 

と人生を好転させる方法は山ほどあります。

 

 

でも、どんなに優れた開運法を使ったとしても
「行動」が伴わない人の
人生は決して変わりません。

 

 

幸運を手にすることが出来る人、
人生を変えることができる人というのは
様々な手段を使い、

 

そして、必ず「行動」します。

 

様々な開運法を使うのもいいです。

 

 

それを活かすためには
必ず行動しましょう!

 

 

 

仕事でうまくいかなかったら
上手くいかない原因を見つけ出し
それを解決することです。

 

 

それがスキル不足ならスキルを身に付ける。

 

コミュニケーションの未熟さなら
コミュニケーションのスキルを身に付けるために
セミナーに行ったり、本を読んだりする。

 

 

結婚したいけど、相手が見つからないなら
積極的に出会いのチャンスを作る。

 

 

相手から魅力を感じてもらうために
自分自身を磨く。

 

 

 

「思う」「考える」だけでなく
そういった「行動」をする人は
人生を好転させることができます。

 

 

 

続きを読む≫ 2015/03/17 20:53:17

インド占星術で、自分のホロスコープを見た時、
惑星が減衰していたり、傷ついていたりしたら
どうすればいいのでしょう?

 

 

それには、宝石の処方というのも勿論ありますが
もっと簡単?な方法があります。

 

 

それは断食や沈黙の業です。

 

 

沈黙の業とは一切話をしない
コミュニケーションを取らないという
修行法です。

 

 

もし、金星が傷ついていたり、減衰していたら
金曜日に断食か沈黙の業をします。

 

 

もし、土星が傷ついていたり、減衰していたら
土曜日に断食か沈黙の業をします。

 

 

とっても単純ですね。

 

 

惑星に対応した曜日に断食または
沈黙の業をすればいいわけです。

 

念のため、対応を書いておきます。

 

 

太陽 → 日曜日
月  → 月曜日
火星 → 火曜日
水星 → 水曜日
木星 → 木曜日
金星 → 金曜日
土星 → 土曜日

 

 

私自身、以前これを実行して
人生が良くなったことを感じました。

 

 

ただ、ほんとにそんなんで良くなるの?
と疑い深い方もいると思います。
それって私!?(苦笑)

 

 

そんな人のために
更にお伝えしておくと

 

断食は曜日に関係なく
人生の運気を上げるのに効果的です。

 

 

なぜなら、
断食をすると身体の中の
老廃物が排泄されて
身体の機能が回復するからです。

 

 

そして、身体がすっきりすると
心もすっきりします。

 

心が明晰になって、
クリアな思考、直観が働きやすくなります。

 

 

そうすると、正しい判断がしやすくなるので
運が良くなります。

 

 

正確には間違った思考、判断をしていたために
自分で運を悪くしていたと私は考えています。

 

 

また、沈黙の行も同様に曜日に関係なく効果的です。
沈黙をすると言葉によって他人を傷つけるという
新たな負のカルマが発生しません。

 

 

それに伴う争いも起きません。

 

そして、沈黙をしていると
自分の心と向き合い
内面を見つめることで反省をしたり
色々なことに気づいたりすることができます。

 

 

断食も沈黙の業もどちらも
心の浄化につながるのです。

 

 

心の浄化こそが
半永久的な開運法であり、
人生を幸せに生きるための方法です。

 

 

沈黙の業はなかなかできない
という方もいると思いますが
ぜひ、断食による浄化法を試してみてください。

 

 

 

続きを読む≫ 2015/03/08 09:01:08

トップ ウェブ講座 入門講座 基礎講座 応用講座 プロフィール お問合わせ